借金地獄からの脱出!シン・ブログ実話シリーズ①ハメられた母娘前編

借金地獄に苦しんだ方が、借り換えにより危機を脱した実話をブログで紹介していきます。

今回の方は、お会いした当初は全く気がなく、とてもどんよりとした状態で非常に心配でしたが、手続きを終了した後は、借金は残ってはいるものの、「前向きに返済を頑張っていきます」ということで、とても生き生きとしてたのが印象的でした。

借金地獄からの脱出!不動産担保による街金からの借金3度はめられた母娘⁈前編

街金からの高金利の不動産担保での借金により、返済に苦しんだ事例です。お客さんは大手製造業に勤める30代後半の女性の方で、年収500万円位で借金の金額が5,000万円でした。

金利が9%代で月々の返済額がなんと40万円弱なのですが、怖いのがこの返済額は利息だけの支払いで元金は全く減らないというものでした。

元金を減らすためには40万円弱の利息支払いに加えて、臨時返済という形で追加での支払いをすると元金返済ができるというものでした。

借金地獄への道!借金をした経過

借金をした経過ですが、元々母親所有の120坪の敷地の奥に古いアパートが建っていてその一室に母親が一人で住んでいました。娘は結婚して遠方に住んでいました。

ある日、不動産業者が訪ねてきて建売住宅を建築したいから、敷地の一部を譲って欲しいということでした。

先祖から受け継いだ土地で、はじめは断っておりましたが、連日のように家に来て熱心に売ってくれと言われたことから根負けして売却することにしてしまいました。

土地を売却することにしてしまった。そこからが泥沼の始まりでした。

借金地獄への道!1度目のはめられ。土地の売買契約

不動産業者がとても熱心に自宅を訪ねてきたことから、当初は売却するつもりはなかったのに売却をすることにしてしまったので、母親は自宅周辺の土地の相場価格を全く調べていませんでした。

売却することにして売買契約を結んだ価格は、その地域の地価より2割程少ない金額だったのですが、母親は全く気が付かずに売買契約を結んでしまいました。

そして、更にその売買契約の内容がとてもひどく、敷地のうちアパートの建っている周囲と道路へつながる幅1mの通路は母親の所有権で残しておき、それ以外の道路側に面した残りの敷地は不動産業者が購入するというものでした。

そして、その道路に面した手前側の敷地を4つに分けて、建売住宅を4戸建てるというものでした。(建売住宅A棟~D棟)

※下図参照

この売買契約によりアパートが建っている敷地は、「再建築不可」となり資産価値が大幅に下落してしまいました。

「再建築不可」となった理由は、建物を建築する場合には、4m以上の建築基準法上の道路に2m以上接してなければならないという接道義務がありますが、その要件を満たさなくなってしまったからです。

借金地獄への道!2度目のはめられ。娘による建売住宅Aの売買契約

先程の売買契約の通りに不動産業者へ土地の引き渡しを行った後に、予定通り建売住宅も4棟建築されました。

その建売住宅が建ってから1年程した頃に、娘が離婚してしまい母親の元へと戻ってきました。そこで初めて、土地を売ってしまったこと、及び母親所有のアパートの建つ敷地が「再建築不可」になっていることを知りました。

慌てた娘は、建売住宅Aを購入して接道義務を満たすことができるようにしようとして、建売住宅Aの購入に動きました。

※裁判ももちろん検討しましたが、土地を売却した不動産業者が既に倒産していたり、母親が裁判をやりたくないなどの理由から裁判にはなりませんでした。詳細に関しては不明です。

建売住宅B~Dは個人の方に普通に売却されているのに、なぜか建売住宅Aだけ別の不動産業者が所有していて、更に賃貸に出していて若いご夫婦が居住していました。そして建売住宅B~Dはほぼ同じ大きさの敷地、建物で建築されているのに、建売住宅Aだけが敷地も建物も小さく作られていました。

これは予想ですが、恐らく建売業者と関連した不動産会社が建売住宅Aを購入して賃貸に出しておき、アパートの所有者である母親が亡くなって相続が発生した時に、再建築不可であることから築年数が古く空室だらけのアパートの建て替えも売却もできない状態で対応に困った相続人に対して、再建築不可を理由に安く買いたたき購入していずれアパートを新築して売却することを考えていたのではないかと思います。

アパートを建て替える場合には、建売住宅Aを解体することになるので、共同住宅を建てるのに必要となる敷地(敷地延長部分として必要となる幅員分。戸建は2mだがアパート=共同住宅は建物の大きさにより変わる)を抑えたうえで、建物は小さめにしておき建築費用を抑えたのだと思います。

もし母親所有のアパートを購入できなければ、逆にアパートの相続人などアパートを取得した人に対して高値で売却することも考えていたのではないかと思います。

相続自体は発生しませんでしたが案の定、いずれ相続をする娘より売却の打診があったことから、足元を見られてかなりの高値で建売住宅Aを購入することになりました。

相場の倍まではいかないのですが、通常よりも1.5倍以上の金額で購入することになってしまい、まんまと2度目のはめられた状態に陥りました。

長くなりましたので、借金地獄からの脱出の続きはまた次回記載します。

借金地獄からの脱出!シン・ブログ実話シリーズ①ハメられた母娘後編

借金の借換えにより返済地獄から脱した事例です。こちらをご覧ください↓↓

借金地獄からの脱出!シン・ブログの実話シリーズ②陸マイラー

借金地獄からの脱出!シン・ブログの実話シリーズ③カツラ

借金地獄からの脱出!シン・ブログの実話シリーズ④美容整形

借金地獄からの脱出!シン・ブログの実話シリーズ⑤パチンコ

おまとめ事例はこちらをご覧ください↓↓

カードローンなどの借金を借換えして一本化!おまとめ事例①

カードローンなどの借金を借換えして一本化!おまとめ事例②

カードローンなどの借金を借り換えして一本化!おまとめ事例③

カードローンなどの複数の借金借り換えの手順や流れは?

カードローン・リボ払いの危険性はこちらをご覧ください↓↓

銀行のカードローンなら安心⁈ドロ沼にハマる前に…

リボ払い地獄からの脱出!借換による一括返済などで利息を減らすコツ

リボ払いの金利、手数料ってそんなに高いの?リボ払いの危険性とは?

ブログランキングに参加してます(^^)

応援よろしくお願いします(*^-^*)

ローン・住宅ローンランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク