個人信用情報のブラックリストって本当にあるの?

長期間の延滞などを行うと個人信用情報のブラックリストに載って、ローンやクレジットカードが使えなくなるってきくけど、ブラックリストって本当にあるの?

個人信用情報機関に登録されるブラックリストって本当にあるの?

ローンを組んだり、クレジットカードを作った場合は必ず個人信用情報機関に登録がされますが、契約した情報だけでなく返済状況や返済が遅れた情報も事細かに登録されております。

個人信用情報についてはこちらで詳しく解説をしています。↓↓

個人信用情報機関って何?どんな種類があるの?必ず登録されるの?

ブラックリストという名称ではありませんが、3ヶ月以上の長期延滞や個人再生や破産などの債務整理を行なった情報は日本に3つある個人信用情報機関において互いに共有化された情報として確認することができますので、ブラックリストと呼ばれるようになったのではないかと思います。

ブラックリストに載るとローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができなくなるの?

ローンの審査において個人信用情報機関から信用情報を取得して確認を行いますが、ブラック情報が登録されている時点で基本的に即否認となります。

これは過去に返済不能などの事故を起こしているので、信用力がとても低い状態だと判断されるからです。

ブラックリストに載るとどのくらいの期間登録されるの?消す方法はあるの?

一般的に信用情報機関に登録されたブラックリスト情報は5年間と言われております。情報を消す方法はありません。

5年間とって言も完済から5年間であったりと一定の保有期間があり、その期間を経過して信用力が回復したと判断ができないとローンを組むのは難しいと考えた方が良いです。

しかしながら5年以上経過したからといって必ずローンが借りられる訳でもありません。

債務整理などから一定期間経過した状態で、審査申込を受けると全く信用情報に情報が全く出てこない方がおります。

普通に考えてクレジットカードなどを一度も作ったことがないというのは非常に不自然ですので、金融機関によっては否認するケースもあります。




ブラック情報にはどんな情報があるの?

ブラック情報には様々な情報があります。債務整理を行った場合は必ずブラック情報として登録されます。

ここでは一般的なものをいくつがあげてみます。

代位弁済:ローンを組む時には、保証会社に保証を依頼しておりますが、利用者の返済が万一滞った場合は、保証会社から銀行にローンの支払いがされて銀行側のローンは清算されます。

銀行のローンはなくなりますが、保証会社が借金を肩代わりしているだけなので、保証会社へローンの支払いは継続されます。

代位弁済は3ヶ月程の延滞状態が続いた場合や、債務者が弁護士などに債務整理の委任を行い、銀行へ受任通知が弁護士より送付されてきた際に、銀行から保証会社へ履行請求をかけて行われます。

個人再生:個人再生は、裁判所へ申し立てを行い大幅に減額された債務を3年から5年位の期間を定めて返済計画を立てて返済を行なっていき完済をすることができれば、その再生計画の対象となったローンの支払が免除されるというものです。

もし住宅ローンがある方の場合は、住宅を手放すことなく手続きを行うことができます。例えば2,000万円万円の住宅ローンがある方が、住宅ローンの返済は継続したまま住宅ローン以外のローンを減額して返済を行います。

住宅ローン以外に600万円借金があったとすると200万円を3年間で返済をすることにより、残りの400万円の借金の返済が免除されるというものです。住宅を手放さなくてすむというメリットがあります。

自己破産:裁判所へ申し立てを行い、返済不能であると認められると全ての借金の支払いが免除されます。

個人再生とは違い住宅など財産は全て手放さなくてはなりません。また士業など一定の資格が必要な職業に就いている方は、免責決定をうけるまでは資格を喪失し職を失うこともあります。

ブラックリスト情報は、信用情報機関だけでなく、ローンを組んでいた銀行のデータベースにも登録される!!

このようなブラックリスト情報は、個人信用情報機関で一定期間登録されることに加え、ローンを組んでいた銀行内のデータベースに貸し倒れの情報として半永久的に保存されております。

従って、一定期間が経過しほとぼりが冷めたころに申し込みをしても、その銀行では一生審査は通らないものと考えた方が良いかと思います。

実は、私自身も何度か個人再生などの債務整理を行った方から、すっとぼけてローンの相談を受けたことがあります。必死に隠してはいるのですが、審査の途中で必ずわかりますし、絶対に審査は通りません。




えっ⁉携帯電話の支払いが遅れてブラックリストに載るの⁉

最近多いこととして、携帯電話の支払いに本体のローン契約が含まれているにも関わらず、利用している方の認識が甘く、携帯電話が止まるまで支払いをせずに、止まってしまったので仕方なく携帯電話の支払いを行っている方もおります。

当然、信用情報には延滞情報が大量に登録されているだけでなく、長期間の延滞としてブラック情報として登録されていることがあります。

また、奨学金の支払いが滞ってしまいブラック情報の登録がされているケースもあります。他にも奨学金の支払いをするために高金利のカードローンで支払いをして多重債務に陥っている方も何度もお会いしました。

携帯電話の分割払いも奨学金もクレジットカードのリボ払いやキャッシングも、全て借金なのだという認識を強く持ち、計画的に利用をしないと後で困った状態に陥ることもありますので、利用する時には十分注意が必要です。

ブログランキングに参加してます(^^)

応援よろしくお願いします(*^-^*)


ローン・住宅ローンランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク